公務員を辞めて起業!~信じて動けば奇跡は遊ぶ~

本当の想いを信じて、行動し続けたら、奇跡のような毎日が待っている。最高な日々をおくろう。そんなことを分かち合うブログ。

同じやり方でうまくいかない理由は、才能がないからじゃない!

スポーツや勉強、ビジネス、

あらゆるものにおいて、様々な手法があります。

 

 

誰かがうまくいったから、

ひとつのやり方として確立されているわけなのですが、

残念ながらほとんどの場合、

その優れた手法でうまくいく人は、一部です。

 

 

俺の尊敬する石丸弘さんは、

『ビジネスのやり方は、服を選ぶのと一緒だよ』

と言っています。

服は、何が言い、悪いとかじゃなくて、

好みですよね?

もしくは、自分に合ったものを選ぶ。

すっごい素敵な服があっても、サイズが合うかは分からないし、

肌の色が違ったら、似合わないかもしれません。

 

 

アスリートでも、合うコーチ、合わないコーチが

あるって言いますよね。

 

 

だから、

とても努力している人が、

今の環境ややりかたで結果がでないことは、

才能がないからとか、努力不足とかじゃないって

思うんです。

 

 

やっぱり『自分のこたえ』が大事だと思っています。

 

1 自分の個性を知る

2 個性をどうやったら活かせるのかを知る

3 試す!

 

ってことが、

自分のイキイキした生きかたや、

自分がうまくいく方法をみつける上で、

大事かなって思ってます。

 

 

人って、

奥深くでは繋がっていると思っています。

でも、ひとりひとりの才能・役割って違います。

 

  

パズルのひとつひとつのピースは違うけれど、

そのかたちを活かして

全部がつながったとき

ひとつの絵ができますよね。

 

 

いくつかそのことについて、

例をだして、紹介してみます。

 

 

1 脳科学において

アメリカの神経心理学者・ロジャー・スペリー博士の研究によって、

利き脳というものがあることが分かっています。

 

インプットに、右脳左脳どちらが、優位か

アウトプットに、右脳左脳どちらが優位か

という分類分けがあって、

簡単にチェックできます。

 

すると、ものの捉え方、

働きかけ・表現の仕方が異なるので、

うまくいくやり方、しっくりくるやり方が変わってきます。

 

片付けの方法を、体系的にまとめているかたもいます。

利き脳について、

参考にリンクをはっておきます。

matome.naver.jp

 

www.izmic.jp

 

2 体の使い方の先天的な違い

主にゴルフで有名な、

4スタンス理論というものがあります。

 

体の得意な使い方、軸のつくりかたが、そもそも人によって違うのです。

ゴルフにおいてもともと言われていることですが、

あらゆるスポーツにおいて、重要なことだと思います。

 

コーチと自分のタイプが違うと、

自分が動かしにくいやりかたを教わることになり、

うまくいきづらくなってしまいます。

mydance365.com

 

3 世界の捉え方・フィルターの違い

Sound Soulsというメソッドで伝えているのが、

自分の軸となる体の部位が人によって違うということです。

 

丹田は、精神統一したり、グラウンディングするのに重要と

言われている場所ですが、その場所は人によって違うのです。

 

そして、その場所によって、

自分のスイッチの入りどころ、大事にするポイント、

求める結果などが違うことも分かっています。

 

例えば、眉間の人は、

『新たに生み出す』『新たな可能性』というところを見ます。

だから、自分自身についても、成長することや行動することにストイックです。

それが、自分にとってとても大事だからです。

そして、人に求めたくなるポイントでもあります。

 

例えば、みぞおちの人は、

『人との響き合い』『世界観の共有』が大事です。

なので、新しい可能性が開かれていくことには、

根本的にスイッチが入りません。

同じ世界をおもって響き会える仲間がいることの方が、重要なのです。

 

 

▼まとめ

うまくいきたい、幸せになりたい、というときには、

自分の個性を知り、自分がうまくいく方法を探していく、

ということが大事。

 

才能がないから、うまくいかないのではない!

ということです。