公務員を辞めて起業!~信じて動けば奇跡は遊ぶ~

本当の想いを信じて、行動し続けたら、奇跡のような毎日が待っている。最高な日々をおくろう。そんなことを分かち合うブログ。

俺の特殊能力『ドラマの架け橋』って何だろう?

こんばんは~~~。翔太です!!!

 

 

 

コンサルの流れから、いきなり、ん??

ということを書きますが、

ひとは誰でも特殊能力をもっています。

 

 

 

でも、その人にとっては

呼吸するように、当たり前にやってしまっていることなので

それが特殊能力であることに気付かないんですね。

 

 

 

それに気付くひとつの方法が、

Sound Souls(サウンドソウルズ)っていう

メソッドをつかうことででてくる単語であったりするわけなのですが、

 

 

 

まあ、とりあえずSound Soulsについては、

今回はふーん、て感じで流してもらって・・・

 

 

 

で、その力を端的に表す言葉を見つけることができます。

本人がそのことに自覚があってもそうでなくても、

そんなことできちゃうのかーっていうことが、

できちゃうのが人間らしいです。

 

 

 

『チューニングセラピスト』と言う言葉ができた子は、

やったことないけど、人の体を感じるだけで状態を把握し

調整することができてしまったりとか、

 

 

 

俺のパートナーのいくみんは、

『読み取る未来』って言葉がでてきて、

本人いわく

「あ、だよね」

って感じで、あたりまえに受け止めてたり、

 

 

 

ま、そんなかんじなのですが、

俺のその要素は、ドラマの架け橋でした。

 

 

 

自分の生きる上でとにかく大切にしたい、

味わいたいことは、

『生きてるーーーーーーー!!!』っていう感覚で、

泣いたり笑ったり、

こわいなーって思いながらも、応援してもらって、感動して、

やっぱりこわいながらも

一歩踏み出したら道がみえて、

安心で涙が出そうになって、愛の自然に溢れるような経験をして・・・

みたいなね、命の輝き、潤い、をたくさん感じたいのです。

 

 

 

で、そんな自分は、実はナチュラルに

ドラマ、そんな感情の揺さぶられるような感覚を含むリアルなストーリーを、

巻き起こしまくっているみたいw

 

 

 

思い返せば、自分と出逢った人が、

またたく間に開花して、気付いたらすごいひとになってるーみたいなことって、

すごくあるのです。

 

 

 

もうね、仲良くなったのに、なんだか手が届かないので寂しいなーみたいなことが、

たびたびあります\(゜ロ\)(/ロ゜)/笑

 

 

 

そのターニングポイントが自分という存在なのかもしれないって思いました。

これはナチュラルに使っているので、

意識的に何か働きかけをしているわけではない。

だから特殊能力なのですが、

 

 

 

ひとつは、自分自身がストーリーを生きていくことで、

影響を与えることかなあって思っていて、

2月27日の誕生日にやった、

生まれ変わりイベントである、ニジユメまつりはまさにそのひとつだったなって。

 

 

 

このイベントをきっかけに、

新しい事業や、繋がりが生まれておいしげる多様なストーリーがあって、

自分と同時にその場にいた人それぞれが、

なにかの死と、生まれるっていうところを感じたり、

その場をきっかけにぐっと深くなる関係性があったりとか、

 

 

 

あとは、出逢い、繋ぐってことかなって思った。

人との出逢いの力って本当にすごい。

俺は、結構、ひととひとをつなぐフィーリングには自身があって、

間違いない!!て感じた時は、ほんとすごい喜んでもらえたりする。

 

 

 

 

大学のときから、場づくりはたくさんやってきていて、

その理由は、自分自身に人生を変える力はなくても、

出逢いには、それだけの力があるからっていうことがひとつだった。

 

 

 

いまはどうかというと、

まあ、自分は自分で、人の変化をつくるような力はもってるなって

自覚してきたのだけれど、

出逢いの力には叶わないなって思う。

 

 

 

過去の延長線上にない人生のきっかけは、

いつも出逢いからやってくるとおもうんだ。

 

 

 

自分はそんな、

過去の延長線上にない、

いろんなカラフルな色がパワフルに主張する、

生きた世界に、

出逢った人を打ち上げる、

ひとつのポータル、扉みたいなものなのかなって思う。

 

 

 

じぶんじしんがストーリーにいきること

 

 

そして、自分を通過して、ぶっとんで

わちゃわちゃして開花して、イケイケになっていく、

その変化と躍動感をニヤニヤ感じること

 

 

それがドラマの架け橋なのかなーっていうのが今の感覚。

 

 

 

ま、ほんとはね、どうにでもなるし、

どんな意味をつけても、

そうなってしまう世界なのだ

 

 

 

ほんと、あ、そうなんだって

あ、決めるだけだねっていう

シンプルな世界

 

 

 

生きることが、

生きる時間を重ねるたびに、

面白くなっていく。

 

 

 

たのしいねーーーーーー\(^o^)/